ファーウェイ、新型スマホ「HUAWEI Mate 30 Pro」を発表 YouTubeやグーグルマップなどの人気アプリなし~ネットの反応「Google系が使えないとかゴミじゃん、どーすんのこれ」

この記事をシェアする

「HUAWEI Mate 30 Pro」発表。第2世代5G+映画級4カメラの猛烈なフラッグシップ
そして“脱Google”へ

石井徹(TORU ISHII)

ファーウェイは9月19日、新フラッグシップ「Mate 30」と「Mate 30 Pro」を発表しました。

Mate 30 Proは6.53インチで、側面が切り立ったデザインを採用。上下ベゼルを大幅に削減しています。Mate 30は6.62インチで、平面のディスプレイを採用しています。強化されたLeicaカメラ、大容量のバッテリーなどが特徴です。

また、後述するように、このモデルはGoogle Playサービスが非搭載の状態で出荷されます。

(略)

■Google Playは非搭載に

先の”米中貿易戦争”を巡り、ファーウェイは米国からの制裁措置を受けています。制裁では米国企業との取引を禁じるもので、Androidプラットフォームを開発するGoogleに対しては、「新製品へのGoogleサービス搭載」を禁止されています。

そのため今回のMate 30シリーズでは、Googleのアプリパッケージ「Google モバイル サービス(GMS)」は非搭載となっています。つまり、アプリストア「Google Play」やGmail、Google マップはインストールされていません。

発表会では独自のアプリストア「HUAWEI AppGallery」を核としたプラットフォーム展開を紹介。この新しいプラットフォーム「HUAWEI Mobile 」はアプリ開発者にとってオープンなプラットフォームとなっておおり、ファーウェイアはこれに10億ドルの投資を行っていることも明らかにされました。

■Mate 30 Proは1099ユーロから。恒例ポルシェデザイン版も

価格は、Mate 30が799ユーロ、Mate 30 Proが1099ユーロ。Mate 30 Proの5G対応版は1199ユーロと100ユーロ増しです。Mate 30 Proにはポルシェデザインモデルも用意され、こちらは2095ユーロで販売されます。

なお、今回の発表ではMate 30シリーズの発売日は明らかにされていません。欧州市場での発売に向けて準備中としています。
(略)
https://japanese.engadget.com/2019/09/19/huaweimate30/

ファーウェイ、新型スマホを発表 グーグル人気アプリなし

 【ミュンヘン】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は19日、米アルファベット傘下グーグルの人気アプリを標準搭載しない初のスマートフォン「メイト30(Mate30)」を発表した。同社は米中貿易摩擦の影響に直面しており、中国国外での販売には苦労しそうだ。

 ファーウェイは5月、米商務省から安全保障上の懸念がある外国企業を列挙した「エンティティ・リスト」に指定され、米国の技術を購入することが禁止されている。そのため新型Mate30シリーズは、グーグルのモバイル端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」のオープンソース版が搭載される。オープンソースのOSには、ファーウェイの旧型スマホに標準搭載されていた「グーグルマップ」や「ユーチューブ」などの人気アプリや、グーグルのアプリを販売する「プレイストア」は含まれていない。


https://jp.wsj.com/articles/SB11147934754396014016604585560751290602546

管理人
ネットの反応
名無し
gmail は使えない
名無し
Google系が使えないとかゴミじゃん、どーすんのこれ
名無し
ゴミだよ
そのうちGoogleが商標権持ってるAndroidも使えなくなるさ
名無し
誰が買うのよこれ
名無し
最強バックドア付き!
名無し
YouTubeも見れないのかw
名無し
元々シナ国内では見られないし、ツイッターやフェイスブックも使えなかったんだよな。シナ国内でやってることを海外でもやるつもりなのだろう
名無し
多分、中国共産党の幹部たちが買う
名無し
てか、高杉だろ
iPhoneより高えのか
名無し
25万円の文鎮か
名無し
GooglePlay使えないって、ガラホみたいなスマホだな…
名無し
いくらスペック高くてもGoogleのサービスつかえなきゃ意味ない
名無し
コスパ算出不能w


この記事をシェアする