【動画あり】DJI、GoProキラー4Kアクションカム「Osmo Action」発売~ネットの反応「手振れ補正がGOPRO7BLACK並みなのかどうか」

この記事をシェアする

 DJIは5月15日、新製品の4Kカメラ「DJI Osmo Action」を発売した。アクションカムの代表的製品であるGoPro HEROシリーズに似た筐体だが、背面だけでなく前面に1.4インチカラー液晶を搭載し、自撮りにも適している。DJI Storeでの価格は4万4820円(税込み)。

サイズは65×42×35ミリ、重さは124グラム。有効画素数12Mピクセルの1/2.3インチCMOSセンサーを搭載し、FOVは145°、F2.8のレンズを搭載。4Kで60FPS、1080Pで240FPSでの動画撮影が可能。HDRにも対応するが、電子式手ブレ補正との同時使用は不可。対応するmicroSDカードは256GBまで。GoPro HERO7 Blackに対抗するスペックで、ロッキングスクリューに対応したフレームにより、GoPro周辺機器の互換性も確保できるようだ。
https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1905/15/koya_dji2.png
https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1905/15/koya_dji1.png

バッテリーは、電子式手ブレ補正のRockSteady使用時に4K/60fpsで最大63分。防水機能は水深11メートルまで。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/15/news137.html

※関連

管理人
ネットの反応
名無し
犬の散歩時に取り付けたらスカートの中撮り放題だな
名無し
デザイン似すぎ
名無し
前面液晶が特徴か
GoPro HERO7 Blackだと4K/60fpsで60分持たないから若干電池の性能良いのかもしれんけど
前面液晶表示させてたら40分くらいに縮みそう
名無し
金額は安いと思う、が、GOPRO7のバージョンアップに比べるとちょっと心もとない、とはいえ、DJIはバージョン3ぐらいまでにはGOPROにおいついてほしい
名無し
手振れ補正がGOPRO7BLACK並みなのかどうか


この記事をシェアする