配車アプリの『Uber』米証券取引委員会で株式公開へ 最大株主はソフトバンク~ネットの反応「なんだかんだで… あのハゲ凄いな」

この記事をシェアする

 米配車サービスのUberは4月11日(現地時間)、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)の登録書を公開で提出した。100億ドルの調達を目指し、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場する。ティッカーシンボルは「UBER」。

SECへの提出文書では規模が10億ドルとなっているが、米Reutersなどによると、最終的には100億ドル規模になる見込みという。

3月末にNASDAQに上場したライバルのLyftと同様に、赤字上場だ。Uberの2018年の売上高は113億ドル、純利益は9億9700万ドルだが、営業損益が30億3000万ドルの赤字だった。2017年の純損失は40億3000万ドルだった。

Uberの最大株主はソフトバンクで保有率は16.3%。米Alphabetも5.2%保有する。創業者で前CEOのトラヴィス・カラニック氏は8.6%。

IPOは5月上旬になる見込みだ。

2019年04月12日 07時02分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/12/news063.html

管理人
ネットの反応
名無し
!?(゚〇゚;)マ、マジ…
名無し
これがうば車か
名無し
世界中の配車サービスの筆頭株主になってる孫正義は天才すぎる
名無し
CEOより持ってるのか
名無し
自動運転始まったらタクシー関連死ぬぞ
名無し
Uberを東南アジア地域で追い出して撤退させた同じ業態のGrabも
ソフトバンクが出資してんだよな
名無し
もう上がらないんだろ、上場ゴール
名無し
ハゲ有能すぎんだろ
名無し
最近、ニューヨークで呼ぼうとしたら、普通なら15$くらいの距離で70$以上しかなくてびっくりした
移動費が時価になるのも不便なこともある
普通のタクシーを拾えばいいんだけど、そんなときは拾いにくい
名無し
時価総額は予想と下回ったみたいだが
なんだかんだで
あのハゲ凄いな


この記事をシェアする