Amazon 1回の注文金額が2000円以上にならないと購入できない「あわせ買い」の対象範囲拡大 972円(税込み)未満の雑誌の多くが1冊だけでは買えない~ネットの反応「楽天ブックスの方がマシ」

この記事をシェアする

ネット通販大手「アマゾン」が打ち出した新たな雑誌の販売方法が波紋を広げている。

1回の注文金額が2000円以上にならないと購入できない「あわせ買い」の対象範囲が11月から拡大され、972円(税込み)未満の雑誌の多くが1冊だけでは買えなくなったのだ。
出版の現場には“衝動買い”がおさえられて販売減につながることへの懸念の声や、アマゾンの「次の一手」への警戒感が広がっている。

「出版社と事前に話し合いが行われたとは聞かない。実施まで1カ月を切ってからの突然の変更通知だったので驚きました」

ある出版社の雑誌編集者はそう言って、2枚の紙を示した。アマゾンが10月、出版社に送付した〈雑誌取り扱いに関するお知らせ〉と題した通知だ。
そこには、サイト上で「あわせ買い」対象となる雑誌の価格を、これまでの432円(税込み)未満から972円(税込み)未満へと変更し、平成30年11月1日から随時適用すると明記されている。

アマゾンの「あわせ買い」は1回の買い物金額の合計が2000円以上にならないと出荷されない仕組みで、日用品を中心に広く行われている。
今回、雑誌ではその対象が拡大されることになったのだ。アマゾンジャパンは取材に対し「他のカテゴリーの豊富な商品と一緒に一定の金額以上のご注文をいただけるように対象商品を広げました」と理由を説明。
その上で、「書籍・雑誌をまとめて購入すると追加のポイントをお付けする『まとめ買いポイント』キャンペーンも実施し、まとめて購入いただいたお客様には追加ポイントで還元もしております」と消費者側のメリットも強調する。

11月1日、先の編集者が携わっている雑誌も新たに「あわせ買い」対象に入った。変更から約2カ月。販売への影響は見極められてないが懸念もあるという。

「日用品であれば、余分に買っておいてため込んでおくこともできる。でも雑誌は“生モノ”で、読者はその時々に気になった1冊だけを買うケースが多い。1冊で買えないとなった瞬間、購買意欲がうせてしまう恐れがある」

物流コストの上昇

アマゾンが雑誌の「あわせ買い」を拡大した背景には物流費用の高騰がある。商品を消費者の自宅まで素早く届けるインターネット通販はその利便性によって市場を拡大してきた。
一方で、急増する荷物を届ける物流業者の人手不足は深刻化。ヤマト運輸などが宅配便の値上げに踏み切っている。こうした物流コストの上昇が、通販業者に配送の効率化を迫っているのだ。

これまで「あわせ買い」対象の雑誌は週刊誌など一部だったが、条件が「972円未満」に広がったとこで多くの月刊誌や季刊誌が含まれるようになる。
アマゾンは出版社宛ての通知の中で、「システムが一定の収益を見込めると判断した商品は例外的に『あわせ買い』の対象から外れる場合もございます」と記し、基準を一律に適用するわけではないとしている。

ただ、アマゾンのサイト(12月27日現在)を見てみると、総合誌の「文芸春秋」(文芸春秋)や「中央公論」(中央公論新社)、
女性ファッション誌の「VERY(ヴェリィ)」(光文社)や「In Red(インレッド)」(宝島社)といった主要な月刊誌は軒並み「あわせ買い」対象になっていた。

大判で重量がかさみ、ネット書店と比較的相性の良さそうなファッション誌などには打撃となりそうだが、出版社側は表向き静観している。アマゾンは今や国内最大規模の売り上げを誇る書店となり、
「圧倒的なシェアを背景にした高圧的な姿勢に困惑することもあるが、その販売力を無視はできない」(出版関係者)という複雑な事情もあるからだ。

実際、ファッション誌「ViVi」などを発行する講談社も今回のアマゾン側の通知について「守秘義務に触れることなので何も申し上げられることはございません」(広報室)とコメントしている。

将来は書籍も対象?

http://news.livedoor.com/article/detail/15813628/

管理人
ネットの反応
名無し
別にヨドバシや楽天があるからそっちを使うだけ
名無し
ヨドバシ最強
名無し
ヨドバシは安くて送料無料が多いけど実はトリックがあるのだなw
アマゾンの保証返品送料は基本アマゾン側負担だが
ヨドバシの保証返品送料は基本 購入者側だからな。
それを考慮したらまともな人はアマゾン利用するべ。
名無し
普通は返品なんかしません
名無し
ヨドバシは、取扱品をかなり絞ったから、かなり残念
名無し
結局、出版業界もamazon頼りだったのか
名無し
「あわせ買い」は雑誌だけじゃないからな
アマゾンで販売してる全ての物が対象
以前はプライム会員はジュース1人100円でも送料無料で宅配してた
以前が異常だっただけ
名無し
周りを駆逐して独占するために身銭を切る作戦だよな、身銭がでかすぎるが
名無し
マーケットプレイスで出品されたものは合わせ買い対象外だからな
名無し
雑誌なんかキンドルでええがな
名無し
書店で買うから何も困る事はない
名無し
出版社が送料負担すればいいんじゃね?
名無し
今までが便利すぎたが、まあ有料が多くなってきて、もうアマゾンを使う頻度が減ってきた。
ヨドバシが一番いいと思うが、使わなかったメルカリなどやYAHOOショッピングも使うようになった。
俺の中では、アマゾン一強ではなくなったな。
名無し
メルカリは色々とやばい
名無し
ヤフオクで出品不可になったのが流れてるぽいな
auオクと似た臭いするわ
名無し
本ならヨドバシか楽天ブックスで買えばいいんじゃないの
送料無料でポイントも付くでしょ
名無し
オレは理解できるし、いいと思うが
問題は抱き合わせられる、2000に埋め合わせる商品の種類が少ない
名無し
ほぼ日本上陸時のときからのユーザーだけど最初3000円以上送料無料じゃなかったか?
今の条件でも他の通販からしたらましだろ
名無し
楽天市場の影に隠れてるから話題にならないけど、楽天ブックスは1冊でも送料無料だぞ
名無し
利用者少ないと思うけどセブンの通販とかなら漫画雑誌一冊でも店舗で受けとれば無料だよ
使い分ければいい
名無し
100円、200円の物を、送料無料で買って楽しむ乞食が多いから対策された
名無し
一時期ニコ生で流行ってたな
他人をイヤな気持ちにさせるのが上手い連中だと思ったわ
名無し
楽天ブックスの方がマシ

この記事をシェアする