通信インフラのシェア、ファーウェイが2位に転落 「5G」に限るとファーウェイは4位~ネットの反応「イイネ」

この記事をシェアする

2018年の携帯通信インフラの世界シェアで中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)が2位に順位を落とし、スウェーデンのエリクソンが2年ぶりに首位を奪還したことがわかった。次世代通信規格「5G」に限ると、ファーウェイは4位だった。トランプ米政権によるファーウェイ製品の排除が通信インフラ市場の勢力図にも影響を及ぼし始めた。

英調査会社IHSマークイットがまと…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43107140Z20C19A3EA1000/

管理人
ネットの反応
名無し
イイネ

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。


この記事をシェアする