【スマートフォン】ソニーモバイルが新フラグシップ「Xperia 1」発表 21:9の4K有機ELや3眼カメラを搭載~ネットの反応「何故こんなにダサいのか」「こんなコレジャナイ物を高学歴社員達が会議しまくって出してるっていう現実…」

この記事をシェアする

ソニーモバイルコミュニケーションズが2月25日(現地時間)、スペインのバルセロナで開催された「MWC19 Barcelona」にて、スマートフォンXperiaの最新フラグシップモデル「Xperia 1(ワン)」を発表した。Xperia 1は、2019年初夏以降、日本を含む国や地域で発売される。


https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1902/25/l_st52693_xperia1-01.jpg

シリーズ名も一新したフラグシップモデル「Xperia 1」

 Xperia 1は、スマートフォンとしては世界初(ソニーモバイル調べ)となる、4K解像度(1644×3840ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載したモデル。6.5型のディスプレイはアスペクト比が21:9という縦長の「CinemaWide(シネマワイド)」にすることで、本体幅を72mmに抑えることに成功。重さは約180g、厚さは8.2mm。本体カラーはブラック、ホワイト、グレー、パープルの4色で、背面にはガラス素材を採用している。

https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1902/25/l_st52693_xperia1-02.jpg


https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1902/25/l_st52693_xperia1-03.jpg

ブラック(写真=左)とホワイト(写真=右)

https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1902/25/l_st52693_xperia1-04.jpg


https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1902/25/l_st52693_xperia1-05.jpg

グレー(写真=左)とパープル(写真=右)

 ディスプレイは「HDR」表示の対応に加え、ソニーのテレビ「BRAVIA」で培った高画質化技術をスマホに最適化した「X1 for mobile」により、SDR映像コンテンツをHDR相当の画質で表示可能にする「HDRリマスター」機能も新たに搭載した。新たな色設定「クリエイターモード」では、深い黒と自然な色調を表現するという。UHD(Ultra HD)の放送規格「ITU-R BT.2020」の色域と10ビット信号に対応した画像処理により、映像制作者の意図を忠実に再現することも特徴としている。

 2つのアプリを1画面に表示する「マルチウィンドウ」は、21:9のアスペクト比に最適化。動画を視聴しながらSNSやメッセージ送信などができるのはもちろん、ゲームをプレイしながら攻略サイトを見たり、パフォーマンスや通知の最適化をしたりできる「ゲームエンハンサー」も用意した。

 背面には、広角+超広角+望遠レンズから構成される、有効約1200万画素のカメラを3つ搭載。35mmフィルム換算の焦点距離とF値は、広角レンズが26mm/F1.6、超広角レンズが16mm/F2.4、望遠レンズが52mm/F2.4。光学2倍相当のズームや背景ボカシ、超広角撮影ができる。個々の画素が2つのダイオードを持つ「デュアルフォトダイオード」、高精度をうたうフォーカス、画像圧縮前にノイズ低減処理を行う画像処理エンジン「BIONZ X for mobile」によって、暗所での画質も向上したという。

 瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳AF」にも対応しており、同社はスマートフォンでは世界初の機能だとしている。AFとAE(自動露出)にも追従する10コマ/秒の連写機能も備え、動く被写体でもピントや明るさを合わせて撮影できるようになった。21:9のアスペクト比で24fpsの4K HDR動画が撮影できる「Cinema Pro」も用意した。

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 855を採用。ディスプレイは強化ガラスの「Corning Gorilla Glass 6」に対応する他、IP65/IP68の防水・防塵(じん)性能もサポートする。指紋センサーは、直近のフラグシップ機「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Premium」「Xperia XZ3」では背面に搭載していたが、右側面に移動した。充電時の負荷を抑えてバッテリーを長持ちさせる「いたわり充電」にも対応する。

 製品名は、ここ数年はフラグシップモデルを「XZ」シリーズ、4Kディスプレイや複眼カメラを搭載したモデルを「XZ Premium」シリーズとして展開していたが、今回でシリーズ名を一新。順当に行けば、新モデルの名前は「Xperia XZ4」かと思われたが、全く違う製品名となった。また、これまでPremiumにしかなかった4Kディスプレイや複眼カメラは、正統進化したフラグシップモデルへ集約させた。

 なお、ソニーモバイルはミッドレンジスマートフォン「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」「Xperia L3」も発表した。

→ミッドレンジの「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」「Xperia L3」も登場
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1902/25/news098.html
Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連リンク
ニュースリリース
https://www.sonymobile.co.jp/company/press/entry/2019/0225_1_mwc19.html

2019年02月25日 16時45分 公開
ITmedia Mobile
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1902/25/news089.html

管理人
ネットの反応
名無し
こんなコレジャナイ物を高学歴社員達が会議しまくって出してるっていう現実…
そら会社傾くわな
名無し
縦長すぎやしませんか?
名無し
面積広くかつ片手で持てるようにするには、細長くするのも一つの解
名無し
それな
目のつけどころ悪くないと思う
名無し
ゲームするのに、指がプレイの邪魔にならない良い感じ
名無し
折り畳みではなく縦に伸ばすという発想
これがソニーの革新性
名無し
ソニーにとって折りたたみは過去の産物だよ
何でも早過ぎるんだよ、ソニーは
名無し
何故こんなにダサいのか
名無し
GALAXY s10+とどっちがスペック高いかな?
主にカメラ性能の比較が気になる
名無し
XPERIA 1
高さ/幅/厚さ:167/72/8.2 mm
質量:180g
ディスプレイ:6.5インチ1644×3840有機EL
CPU:Snapdragon 855
RAM/ROM:6/128 GB
バッテリー容量:3330mAh
トリプルカメラ
イヤホンジャックなし
静電容量式 側面 指紋認証あり

Galaxy S10+
高さ/幅/厚さ:157.6(覗き穴のおかげ)/74.1/7.8 mm
質量:175g(ガラスモデル)、198g(セラミックモデル)
ディスプレイ:6.4インチ(EDGE部分の画面含)1440×3040有機EL
RAM/ROM:8/128or512、12/1024 GB
バッテリー容量:4100mAh
イヤホンジャックあり
超音波式 画面内 指紋認証あり
トリプルカメラ
画面上にダブル覗き穴つき☆ミ

名無し
決して偏見ではないけれどGALAXYの良さが分からない
常にiPhoneとXperiaの2択だけど
名無し
逆に何がよくてXperiaを選んでるのか
iPhoneはともかく
名無し
SONYとの連携機能を重視してます
あとiPhoneは見栄

名無し
どうしてこうも先進感のないデザインばかり作ってくるんだろうな!!
名無し
この画像だとどの程度ベゼルレスになってるか分からないのたけど…
後、カメラの応答速度や熱持ちというか色々糞なのは改善されたの?
名無し
SIMフリーでおサイフ付きで出したら買うわ
名無し
映像が売りのはずのXperiaのカメラがいつも歪んで写る問題。
これは解決されたのですか?
画が歪んでいると気分が悪いのであまり写真を写さなくなった。
スピーカーの音はいいので気に入っていますが・・
名無し
ソフト的に解決したハズ。どっかのオプションをONにするとかだったな。
それよりも,WiFiがぶちぶち切れたりするトラブルはずっと放置なのが気にかかる。
名無し
これ以外と売れるかも
少なくとも折りたたみスマホよりは良い方向へ独自色出してるわ
名無し
こんな縦長のいいわけないだろーーーwwwwww
笑wwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
名無し
めっちゃ楽しそうだな!
薬のやり過ぎか?
名無し
爆発する心配ないからいいよな


この記事をシェアする